O脚は膝の痛みや股関節痛を起こす原因になります。


O脚は膝の痛みや股関節痛を起こす原因になります。 

「ミニスカート、ショートパンツがはけない !!」

「パンツをはいてもO脚で脚が曲がって見えてカッコ悪い !!」

「ジーンズをきれいにはきたい。!!」

誰でもモデルさんのカモシカのような細くてまっすぐな脚に
あこがれます。

しかし現実には脚のコンプレックスで悩んでいる方は多くいます。

脚の悩みのひとつにO脚があります。
O脚になると、見た目が悪いだけでなく、脚や腰、股関節の
痛みの原因になります。

自分で努力して治す方法、整体で治す方法もありますのでO脚は早め
に改善したいです。

O脚のマイナス要因として

・足を出すことがためらわれる。

・ミニスカートがはけない。

・脚の形が出てしまうので細身のパンツがはけない。

・膝痛、股関節痛、腰痛を起こしやすい。

・将来寝たきりになる可能性もあります。

老化は脚から始まるといわれています。ひどいO脚に進行すると
歩くこともままならなくなります。軽度のうちにO脚は改善して
おきたいです。


kireinaasi.png

・治したい O脚の原因

・O脚のトレーニング方法

・脚をまっすぐに O脚の予防法

・O脚 病気が原因の場合もあります

・O脚でお悩みの方へ スリムインソール O脚補整インソール

・膝上O脚、ももの部分のO脚のトレーニング法

・O脚は治る ひざ締めと歩き方でたちまち改善 本

・乳幼児のO脚、実はクル病(骨軟化症)の疑いがあります。

・お産の後、脚が曲がる産後O脚があります。

・O脚を目立たなくするファッション。

・楽歩 O脚用インソール女性用フリーサイズ

・O脚とランニングの関係  




スポンサードリンク


治したい O脚の原因


O脚の原因

・O脚の原因として脚の筋力の低下があります。

O脚の方は脚の内側の筋肉、内転筋が弱くなっています。
そのため、歩く時、外側の筋肉を使って歩くので内側の筋肉が使われ
なくてますますO脚になっていきます。
その他臀部筋の筋力低下、大腰筋の筋力が弱いことも原因になります。


・骨の変形、骨盤のゆがみ


骨盤がゆがんでいたり、股関節がゆがんでいると痛みを感じます。
股関節のゆがみがO脚を進行させます。
加齢による膝関節の変形も膝関節に負担をかけO脚になりやすくなります。


・普段の悪い生活習慣がO脚の原因になります。

まずは運動不足、姿勢が悪く猫背、脚を組む癖、横すわり、ぺたんと
お尻をつけて座るすわりかたなど長年の悪い週間がO脚の原因になります。

生活習慣によるO脚は改善することができます。
マイナス要因を取り除いて、しっかり運動して脚の筋肉をつけたいです。

okyaku.png



>>O脚のトレーニング方法



スポンサードリンク


O脚のトレーニング方法 脚をまっすぐにする


O脚のトレーニング方法

O脚の方は、内転筋が弱く柔軟性にかけます。
くるぶしから膝までの内転筋、膝から股関節の内転筋をしっかり
鍛えることです。

まずは内転筋を柔軟にします。
・床に座り、左右の脚をできるだけ広く横に広げます。
 頭が床につくように腰を曲げます。

 最初は筋肉が硬いので頭はつきません、回数を重ねるうちに自然に
 つくようになります。無理はしないでください自分のできる範囲で
 行ってください。

・脚を開いたままの姿勢で、足首を内側にグルグル、外側にグルグル
 回します。最初はなかなかうまく回りません。左右どちらかの足首が
 まわしにくいと感じます。まわしにくいほうは回数を多めに行って
 ください。股関節周りの筋肉を柔軟にします。

・トレーニング用のボールの空気をやわらかめに入れて椅子に座り
 膝の間にはさみ、息を吐きながら左右の脚でグーッと押します。
 何回か繰り返します。
  
 ボールがない時は、ペットボトルに水を入れたもの、タオルを
 丸めたもので代用してください。毎日続けることで、内転筋を強化します。


>>脚をまっすぐに O脚の予防法







スポンサードリンク